HOME | 竹中工房「風」トップ | 掛軸特集 | 歳時記 | 風だより

 





平成29年 1月 >>> 4月

平成29年 4月29日(土・祝)

芍薬
牡丹の花がどんどん開きます。
下に待ちかまえる芍薬のつぼみ。
牡丹は木で、芍薬は草で、牡丹は芍薬の根につき、
成長するそうです。
なんだかややこしい花便りでした。 

本日もどうぞお元気で

 芍薬の 蕾をゆする 雨と風  前田普羅 

店主

平成29年 4月27日(木)

牡丹
「咲かねばならず 待たねばならず牡丹の芽 (加藤楸邨)」 
先日の風だよりでもご紹介した句ですが、
もう待たなくてよくなった牡丹、咲き始めました。 
開花はいつも「あっと」いう間です。
むこうに見えるのはフリージア。花言葉は「無邪気」。
牡丹は「風格、恥じらい」。 
誰が考えたのでしょう花言葉。

「花は咲く ただひたすらに」は相田みつをでしたか・・・
あとに「ただになれない 人間の私」とつづきます。 
肩のちからをぬいて、自分らしく暮らしたいと想う毎日です。
今日は少し風がありますが晴天です。


 花に葉に 花粉ただよう 牡丹かな  松本たかし

店主

平成29年 4月26日(水)

没後40年 熊谷守一
おなじみの香雪美術館へ。
画集もあり、何度も美術館に足を運んでいます。
なぜかやっぱり来てしまいました。
好きなのですね、この画家が・・・

今回は掛軸、書が多く期待以上でした。
平日なのに、人気があるのかたくさんの人です。

「おまえ百まで わしゃいつまでも」の書も味わい深く、
私は「あなた百まで わしゃその前に」です。
皆様はいかがですか。 

昼間は暑いほど。
四月もあとわずかもうすぐ立夏となります。
どうぞ毎日お元気でおすごしください。

店主




平成29年 4月23日(日)

金毘羅大芝居
春晴れの一日、お客様とご一緒しました。 

香川県琴平町にある日本最古の芝居小屋 “金丸座”。
国の重要文化財に指定されています。
1985年に第1回、今年で33回目。
700席余、古(いにしえ)のまま空調もない小屋で、
四月のみ開催されます。 

人間国宝、仁左衛門をメインにイヤホンガイド等の設備も
ありませんが、わかりやすい演目で楽しめました。

帰りはタイミングも良く、瀬戸大橋を沈む夕日と共に渡ることが
できました。
海と夕日をこんなにゆっくりながめたのは久しぶりです。

また訪れたい場所のひとつです。


店主



平成29年 4月21日(金)

老舗豆腐屋さんを見つけ、
      おみやげに一丁、あつあげ二丁

前回のつづきです。

天気も良く、話もはずみ、氷上の独鈷の滝へ。
前日の雨で滝というより瀑布の様相で迫力満点。
 
すこし登ると大きな洞窟に不動明王が祀られてあり、
その荘厳さに息をのみました。静かに合掌。 

「大雨の後の滝を写真に」と愛好家に数人出会いました。
新旧の緑のコントラストが美しく、その中に山つつじが映えて、
これが「絵にも描けない情緒」だなと、一人納得。

スタッフはみんな元気で明るく、よくめしあがります。
最後のしめは、丹波黒豆入りソフトクリーム。
まあ!会話の弾むことこの上なしです。

よく笑い、よくしゃべり、心と体のリフレッシュ。
今回は100%完了の一日でした。

皆様も友と連れだってぜひ、お出かけください。

店主





平成29年 4月19日(水)

丹波市 柏原 ~ 氷上 (前半)
夜半まで大雨と風でしたが、おかげさまで晴れました。

いざ、樹齢1000年ともいわれる木の根橋をめざして出発。
太い木の根が川にかかる大ケヤキは流石に見事。

近くの八幡神社もお参り。 
この町は美しく整備されていて心安らぎます。

  「雪の朝 二の字 二の字の 下駄の跡」 の句で有名な、
田ステ女記念館へ。6歳の句だそうです。 

昼食は、古民家を改装したお店でピザなどいただきました。
いつもは一人の里山めぐりですが、本日はスタッフ3人も一緒で
心和む楽しい時間をたっぷり、ゆっくりすごしました。 

その後氷上へ・・・  (後半へつづく)

店主






平成29年 4月16日(日)

春惜しむ
駐車場に花びらが舞い落ちます。

 世の中にたえてさくらのなかりせば
            春の心はのどけからまし
  在原業平  

桜を待ち、散るを惜しみ、心いそがしい日々。 
庭のしだれ桜も今年は一輪だけかも。
もうすぐ藤の花の頃となります。

18日はスタッフ有志で遠足の予定ですが・・・雨予報。
どうぞはずれますように。

 遠足の 列にいつしか 文雄なし  渡辺文雄 

店主



平成29年 4月10日(月)

春雨・穀雨
春は意外と雨が多い季節。
ここ数日はしめやかに降る春雨でしょうか。
桜の時、春の長雨となりませんように。 

穀雨はいろんな穀物の芽吹きのための雨です。
いよいよ暦の上では晩春です。
「春眠暁を覚えず」とは昔の私。
今は早起き全く苦にならない毎日です。 

明日は定休日ですが、入学式の撮影のため営業。
皆様にとって良い門出となりますよう。

牡丹の芽が一つ。
年々小さくなるので、おそまきながら本日肥料をやりました。
いよいよ芽が動きはじめ、開花が楽しみです。

  咲かねばならず 待たねばならず 牡丹の芽  加藤楸邨 

店主

平成29年 4月9日(日)

移動の春です
この春から子供が看護師をめざし赤穂でひとり暮しを始めました。

アパートの近くの桜並木。
ツートンカラーがとてもきれいです。

スタッフM

平成29年 4月6日(木)

雪柳
 小米桜とも呼ばれて、庭にきれいです。
めっきり温かくなりました。 

メーカーの秋の新作展にでかけました。
伝統の技、美しい色づかいやっぱり、きものって良いですね。
これからもきもの専門店としてコツコツ精進します。


 雪柳 花みちて 影やわらかき  沢木欣一  

 

 花屋の荷 花をこぼすは 雪柳  大谷碧雲居

店主




平成29年 3月31日(金)

木蓮
今年は早々と開花に出会えました。 花の時が短く、
心に余裕がなく日々すごしていると見すごしてしまいます。
大きくのびる白木蓮。一方向に開きます。
小さくつぼみの紫木蓮。紅白梅と似ていますね。

いよいよ四月。春が動き人が動きます。


 木蓮の つぼみのひかり 立ちそろう  長谷川素逝 

店主


平成29年 3月28日(火)

法雲寺のビャクシ
和名はイブキ。
幹周983cm 針葉樹木です。
赤穂郡上郡町にいます。

写真のような大木をめざして行きましたが出会えず。
平成17年の兵庫県林業会議の発行です。
「ひょうご巨樹・巨木100選」。 

前回の「アカガシ」と同じように山深く、谷深く、千種川を上流へ。
10年以上たつと、さらに過疎化がすすみ、
なかなか人に出会えませんでした。 
桜の頃に、こちら方面は少し淋しいかもしれません。

次回は山桜をさがしてでかけましょう。

3月もあとわずかとなりました。
今日もあしたもマイペースで頑張りましょう。

店主




平成29年 3月26日(日)

風光る
彼岸を過ぎてから最初の週。
桜が野山や街を染めていきます。
春風が光を浴びてきらきらと輝き風薫る夏まで、
すごしやすい日々がつづきます。

今日もお宮参りが3組。
赤ちゃんも気持ち良さそうです。

 

 散りやすき 小魚の群れや 風光る  岩井善子

店主



武者小路實篤

平成29年 3月20日(月・祝)

春分
今週は彼岸の一週間です。
これからは余寒も収まり暖かな日となりそうです。
庭の梅もほぼ満開で、これからは桜のでばんとなります。
「花を待つ」季節ですね。

連日、卒業式の着付・写真で23日まで早起きしています。

次は入学式。
皆様にとって、うれしい春の訪れとなりますように。

 袖たけの 初花桜 咲きにけり  一茶  

 毎年よ 彼岸の入りに 寒いのは  子規

店主


平成29年 3月15日(水)

巨木アカガシ
1月雪で近くまで行きながら断念した、
いぼ川上流 深河谷の池王神社を訪ねました。 

今回は雪もないのに迷いながらやっと森深い中で出会えました。
私は看板もナビもあるのによく迷います。 

この神社の宮司もかねられる御形神社のS氏にお聞きして
たどりつきました。
うっそうとした森にそびえるアカガシ。
静かにたたずみ、合掌。


帰りにお礼をと、御形神社へ。
こちらも国指定重要文化財のある立派な神社で、
夜の間杉のご神木がありました。 

   “一夜のうちにそびえたったとの伝説のあるご神木” 


コーヒーまでいただいて感謝、感謝。 
やっと知人のお守りも授かることができ、
なにかしら心和むうれしい一日でした。

店主








平成29年 3月11日(土)

お水取り
12日は、東大寺二月堂のお水取り。
日本中に春を呼ぶ行事です。正式には「十一面悔過(けか)」。
十一面観音の前で天下太平を祈ります。 
16日は、花を月を愛した歌人、西行法師の忌日。

 西行の日は 月も花 雪も花  白石勉  

春の野山に蕨(わらび)が萌え出づるころともなります。

  奈落より 更に奈落へ 蕨取り  佐々木まき  

スタッフと一緒に、山登りの計画あり。山桜の頃にでかけます。
皆様もどうぞ春の野山へ。

店主



石彫り摺り 「六地蔵」
浜田新三 作


平成29年 3月6日(月)

梅と土筆
日当たりのあまり良くない庭にもやっと梅の蕾と土筆が
頭を出しました。
例年この頃になると、重ね着がとれ春が着々と進んでいきます。
うれしいですね。

 わが墓を とまり木とせよ 春の鳥  中村苑子  

この句、暗さがなく達観したところが好きです。
明るさまで響いてきます。

  すみれ

  菫程な 小さき人に 生まれたし  夏目漱石 

 漱石らしからぬ、優しい句です。 


やよい三月、どうぞお元気で

店主




平成29年 3月1日(水)

淡河(おうご)・八幡神社 
             ~ 本山・保久良神社 
淡河は父のふる里で、
両親は八幡神社で結婚式を挙げました。

神戸本山の保久良神社には、ヤマモモの大木があります。
保久良山の中腹にあり、ほぼ50年ぶりに出かけました。
急坂を一時間余り、きつかったですね。

前回は雪でUターン。
今回は、坂道でギブアップしそうでしたが頑張りました。 
学生時代をすごしたなつかしい町です。
息がきれて、さまざまな事を思いだす余裕もなく、
止まらずコツコツ登りました。 
大阪湾がきれいに望め、小さな梅林も見ごろでした。 

友人へのお守りも目的でしたが、
行事の時しかおられないのでしょうかどちらも不在。 

夜は近きにあり。夜明けが待ちどうおしくもあり。 

どうぞ、3月は平穏で心静かな毎日でありますように。

店主






平成29年 2月21日(火)

白梅・紅梅
梅の花がそろそろ咲きそろうころです。 
白梅には早春の冷ややかさがあり名のとおり、
少し遅れて咲く紅梅には暖かさが感じられます。 

ここ数日は三寒四温のまだ冬もよう。
今しばらく春一番に咲く梅の花を待ちましょう。


 春もやや けしきととのう 月と梅  芭蕉 


  紅梅や 見ぬ恋つくる 玉すだれ
  芭蕉

店主


平成29年 2月10日(金)

春寒
この週末は、寒波の影響で寒のもどりのようです。 
受験生のお客様が多く、少し風邪気味になると
インフルエンザの検査へ。2回とも陰性でなにより。
大切な時にうつしてはいけません。 
昔は「インフルエンザ」という言葉も病気もなかったように
思います。たしか「スペイン風邪」でしたか。 

入学試験も奈良のお水取りの後ぐらいにしないと、
本人やご家族もたいへんですね。

春が動くまでいましばらく。 どうぞお元気で。

ステンドグラスの雛人形。お客様にも人気です。
早くこいこいひな祭り。

店主


平成29年 2月3日(金)

余寒
春は一進一退しながらやって来ます。
余寒、残雪、梅、鶯。
今日は冴えわたる空ですが寒さは残ります。

三木芸文展に出品された知人の「早春」と題する日本画。
花は寒さに負けない冬の女王「クリスマスローズ」。
明治に地中海から渡来とのこと。

 クリスマスローズ 気難しく 優しく  後藤 比奈夫  

知人は優しいですが、気難しくはありません。

お店は創業60年祭がスタートします。
感謝の思いいっぱいにお客様を迎えましょう。

店主


平成29年 2月1日(水)

立春
今日から2月。寒風が吹いても雪がチラホラしても、
その向こうの春を探してしまいます。

 みよし野は 山もかすみて 白雪の 

          ふりにし里に 春は来にけり
  藤原良経  


2月も入学試験、国家試験。
看護をめざすお客様も数多く合格をお祈りします。
 
お客様にいただいた、冬なのに「夏みかん」。
見事にスッパイそうです。大きくて枝もたわみそうですね。

皆様、どうぞ2月もお元気で。

店主


平成29年 1月25日(水)

池王神社のアカガシ
宍粟市一宮町深河谷にある巨木です。
冬晴れなので山崎町から因幡街道を北へ。
チラホラしていた雪が近づくにつれてふりしきる雪に。
あっという間に一面の銀世界になりました。 

目的地まで数百メートル。
思わず吸い込まれるように車を降りて歩きだしましたが、
我にかえりUターンしました。

深河谷の名のとおり、この木は山深いところで昔からず~っと
生きつづけているのでしょう。
春にぜひ会いたいです。


自分へのおみやげは「柚子みそ」。
冬は北へでなく、南をめざしましょう。

店主




平成29年 1月21日(土)

古の大杉
三木市吉祥寺にあります。
兵庫県には百以上の巨樹、巨木、名木があります。
先日の三日月の大ムクもそのひとつです。
健康、リフレッシュもかねてこれから巡ってみようと。 
まずは近くの三木市からスタートです。

大きな道から少し入りこんだところにあり、高野山系真言宗の
お寺です。
まわりには何もなく、どこまでも静かな境内でした。

次は氷上町三方の大カツラをめざします。
そこにしかない名物料理でもあれば大満足ですが、
人里はなれた場所にしか巨木、名木はないかもしれません。


大寒となり、この十五日間がもっとも寒い日となります。
どうぞお体を大切に、そして、凍結にもご注意を。

店主




平成29年 1月15日(日)

小正月
元旦を男正月、15日小正月は女正月ともいわれます。
今日は外食でもしてねぎらいましょう。 
20日の大寒のころ、その名のとおり空は澄んでいますが
「寒きびし」の今日です。

センター試験、どうぞ雪になりませんように。
最近はインフルエンザの流行も重なり、大変ですね。 
皆さん落ちついて、実力をだしてください。


 極寒の 石垣に雲 真平ら   飯田龍太

店主


平成29年 1月10日(火)

成人式

 成人の日の 松青く 梅固し  岡本圭岳 

20歳の門出に幸多かれと祈らずにはいられません。 
8日(日)、9日(月・祝)の2日間。
早朝より、お客様とスタッフで店内はうれしい熱気でした。 
男性の私は「おめでとうございます」と車の誘導に専念して、
無事とどこおりなく。 

創業以来、人にまかせず、自店で続けています。 
明日からは「日々新又日新」。
(ひびひびにあらたにしてまたひびあらたなり)

お客様にいただいた「シクラメン」寒さに負けずきれいです。 
今年の立春は2月4日。
もうすぐ雪間の草の春がやってきます。

店主


平成29年 1月1日(日) 元旦

賀春
    めぐりきて丁酉(ひのととり)

             姿やさしく 色美しく


平穏で実りある一年を心よりお祈り申し上げます。 
本年も「風だより」でお会いできますようよろしくお願いいたします。

  平成29年 初市は 
 
  1月4日(水) 午前9時  

  オープンです!

店主


最新記事

平成30年 1月
平成29年12月
平成29年11月

平成29年10月
平成29年 9月
平成29年 8月
平成29年 7月
平成29年 6月
平成29年 5月
平成29年 前半

平成28年 後半

平成28年 前半
平成27年 後半
平成27年 前半
平成26年 後半
平成26年 前半

呉服販売・和装小物販売・成人式振袖販売・成人式振袖レンタル・掛軸販売・着物お手入れ・金プラチナダイヤ買取り・着物レンタル・フォトスタジオ

新しい暮らしの専門店 竹中工房「風」 
フリーダイヤル:0120-35-4576
〒673-0433 兵庫県三木市福井3丁目3-15 営業時間:AM9:00~PM6:00 定休日:火曜日
Copyright 2011-2017  きものたけなか. All Rights Reserved