HOME | 竹中工房「風」トップ | 掛軸特集 | 歳時記 | 風だより

 





平成27年 1月 >>> 6月

平成27年 6月25日(木)

浄土寺
(先輩ご夫婦とご一緒に)紫陽花がみごろとでかけました。

早めのお昼は、おいしいそばをいただき、お昼過ぎに到着。
あじさいも小山にそって見事でしたが、
国宝の「阿弥陀三尊」の 神神しさに感動しました。

阿弥陀如来の高さが530cm。両菩薩が370cm。
名仏師快慶の作です。半眼のまなざしが、正面、左、右 
いろいろな表情に見えて、心が洗われるような時間をすごせました。

秋に西日が当たると、写真のように光り輝いて、
より神神しくみえるとのこと。
涼しくなれば、もう一度訪ねてみたい ものです。
京都の仏像とは またちがう趣のある仏像に出会えました。

小野市浄谷町。
皆様もぜひおでかけください。
(注:12時~1時まではお昼休みです。)

店主





平成27年 6月19日(金)

夏至
夏は夜。月の頃はさらなり。
地上の暑さはこれからというときの23日は沖縄慰霊の日。
県民の4人に1人、12万人を超える人々が亡くなりました。
日本人が忘れてはならない1日です。 

梅雨雲の上では秋がひそかに。四季のうつろいを、
その時々静かに受入れて暮らしていきたいものです。 

桔梗、ガーベラ、そして紫陽花。夏の花々に見送られて。 
皆様もお身体を大切にお過ごしください。

 紫陽花や 白よりいでし 浅みどり  渡辺水巴

今日も元気にお仕事です。

店主





平成27年 5月15日(金)

雨の京都へ 
久しぶりにスタッフと出かけました。
あいにくの雨模様(それも時々激しく)でしたが
心和む一日となりました。

まず、青蓮院の大きな楠を見上げ、
小堀遠州作と伝えられる庭をゆっくりと巡りました。 

急な坂道を尊勝院へ。
最澄の作との「四猿像」と対面。「見ざる、聞かざる、言わざる」に
「不思(思わざる)」が加わって四猿とのこと。
今の時代、いろいろ「思わざる」も良きことかと納得。 

お昼はすぐ近くの「粟田山荘」で、料理も美味でしたが、
緑のもみじと金魚の掛軸にいやされました。 
雨が強くなってきたので予定を変えて、
京都最古の禅寺「建仁寺」へ。
琳派400年の風神雷神図。
○△□乃庭。双龍図。 

四条通りで女性群はショッピング。
夕食前に三木着。 

日本ブームで外国人には人気なのかたくさん出会いました。
中国の人々の多かったこと。 
京都へは仕事がら何百回と訪れていますが、年齢を重ね、
また違う良さが見えてきたような気がする一日でした。

さあ、明日から仕事も頑張りましょう。
皆様も暑くなる前にお出かけください。

店主







平成27年 5月7日(木)

立夏
風薫る五月。
春は東風、秋は秋風、冬は凩(こがらし)、そして夏は薫風。


 初夏の風  川上澄生

 かぜとなりたや
 はつなつの かぜとなりたや
 かのひとの まへにはだかり
 かのひとの うしろよりふく
 はつなつの はつなつの
 かぜとなりたや

 分け入っても
 分け入っても
 青い山


 
煮て炊いて 初筍を 余すなく  松本梓 

この夏もマイペースで
皆様もお元気で

店主


1926年(大正15年)
木版多色刷


池田逢邨
風に吹かれて山頭火 (1998年)

平成27年 4月16日(木)


- 愛と色彩のファンタジー -  
    シャガール展
春雨もようでしたが出かけました。
最初の美術展が中学の課外授業のシャガール展でした。
テーマとステンドグラス的な色彩が好きで
何度か神戸や京都で見てきました。 

雨に濡れた姫路城もしっとりと美しくそして堂々と。
四月は雨が多く、晴れはまだ三日ぐらいとか。
桜の花の頃は毎年ですね。

五月の立夏までが春の極み。
もうすぐ藤の花の頃となります。
本日も皆様お元気で。

店主





平成27年 4月2日(木)

郷倉知子 百寿の梅
ふとおもいたって、出かけました。
昨年の応挙展以来の香雪美術館。筆づかい、色づかいが
どこまでも優しく感じられ、心が和みました。 

写真は桜のようですが、はじめて見る「しだれ桃」です。 
阪急御影駅のすぐ近く、次は岡本駅。
学生時代の思い出がいろいろと浮かぶ春の半日でした。 

会期は5月10日まで。いろんな梅に出会えます。
私のように一人で行かれるのも心静かでよろしいかと・・・

店主





平成27年 3月27日(金)

庭の春
10年以上咲かなかった坪庭の紅椿。
下に見えているのは鳥の巣です。

小さくかわいい花の富士桜、古木の梅。
そして空にまっすぐの木蓮。 

この二日間は寒のもどりがありましたが
今日からはうんと暖かくなりそうです。
卒業式から入学式へ。春が動きます。


 
春めきし 野山消え去る 夕かげり  虚子

 さまざまの事思ひ出す 桜かな  芭蕉

 落ちざまに 水こぼしけり 花椿  芭蕉

 木蓮の 花びら風に 折れてあり  松本たかし

店主





平成27年 3月19日(木)

あっという間に
梅が開き、昨日まで土の中にいた土筆が群がりはじめました。
昨日は暑いぐらいのお墓参りとなりました。
早朝には、4月には山へ帰る鶯もやってきます。
昨年よりは上手く「ホーホケキョ」としっかり鳴いてくれます。

となりのお家の菜の花も、早くも満開です。
卒業式は23日(月)がピークとなり、朝も起きやすくなりました。

 つくしんぼ またひとつから 子が数ふ  木附沢麦青

 菜の花や 月は東に 日は西に  蕪村

  

店主



平成27年 3月14日(土)

お水取り、彼岸、春分
12日は、奈良東大寺二月堂のお水取り。
彼岸の入りが18日、明けが24日。その中日が春分の日。
いよいよ春の訪れですね。

3月は卒業式。
女性スタッフは早朝の着付・撮影に頑張っています。
「おめでとうございます」の一声のため私も早起きの毎日です。
先生も袴姿が増えてきました。

プランターのパンジーは、その花が羽を広げた蝶のようで、
冬の余寒にたえて今から盛りとなります。
あなた様にとって平穏な春の訪れとなりますよう。

 ゆうちょうか

 遊蝶花 春は素朴に 始まれり  水原秋櫻子

店主




平成27年 3月11日(水)

40年前の昨日
1975(昭和50)年の3月10日、山陽新幹線・岡山~博多が
延伸開業し東京から博多までの新幹線が開通したそうです。
初めて新幹線に乗ったのは、たしか九州への修学旅行だった
ように記憶しています。
カワセミをモチーフに造られた、お気に入りの500系も
のぞみからは引退しましたが、山陽新幹線では「こだま」で
頑張っています。 
4年前の東日本大震災でも、鉄道による死亡者はなかった
そうで、あらためて日本の鉄道技術の高さに感心します。 

現在も、行方不明者は2584人もおられるようです。 
東日本大震災でお亡くなりになられた方へ、謹んでご冥福を
お祈りいたします。

スタッフN



平成27年 2月25日(水)

春の足音が
ここ数日、昼間は少し暖かい日が続いてすごしやすくなりました。
梅のつぼみも大分ふくらんできました。
暖かくなったのはいいのですが、そろそろ花粉も飛び出した
みたいで、目がかゆくなったり鼻がムズムズしたり。

2月ももう数日で終わりです。
まだまだ寒い日もあると思いますが、春は心がウキウキします。

スタッフM

平成27年 2月19日(木)

竹内栖鳳展
久しぶりの姫路市立美術館。
美しくなった姫路城の直ぐとなりです。
静かなたたずまいが好きで何度も訪れています。 
 
生誕150年記念の催しでした。
題材や構図、色づかいが別格の趣でした。 
白すぎると話題になったお城も冬空に映えて
息をのむほどきれいでした。 

日当たりの良い館内の庭に梅の花一輪。
会期は3月29日(日)までです。
心のリフレッシュにおでかけしませんか。

店主







平成27年 2月15日(日)

余寒
立春が過ぎ寒が明けても、寒さは余ります。
冬は余り、夏の暑さは残ります。庭も冬景色です。
木蓮の芽も梅の蕾も、木にいっぱいで春待ちです。
昨年大きな松の木が枯れましたが冬の庭に元気に3本、
生まれていました。庭師の手入れをしなくなって数年、
うれしい出来事です。

この春は大きくなりすぎたクス、どんぐりの木を短くしようと
(もう私の手には余りますが)冬に切るのを控えました。 

寒さがゆるんだり、もどったりの毎日。
皆様お元気で。

 水に落ちし 椿の氷る 余寒かな  几董

店主




平成27年 2月13日(金)

一日早いですが
明日はバレンタインデーです。 娘がなにやらゴソゴソと。
ガトーショコラを作っていました。
味見をすると、甘さ控えめでなかなかのできでした。
メッセージカードも手作りです。
一日早いですが、明日は土曜日で学校が休みなので、
今日持って行くんでしょう。 

わたしはどちらかと言えば食べるのが専門ですが・・・

スタッフM




平成27年 2月3日(火)

節分、立春
今年は2月3日(火)が節分。一夜明ければ立春です。
まだまだ寒い毎日「春は名のみ」です。
それでも庭の木々や草に春をみつけることができます。 
いつもこの頃になると
「花をのみ 待つらん人に 山里の 雪間の草の春をみせばや」の
句がうかびます。
 
3月12日、奈良東大寺二月堂のお水取りがおわると、
ほんとの春が実感できます。  夜明けも少しずつ早くなり、
早起きの(ほうんとうは仕方なく目が開く)私には、ありがたい
ことです。皆様はいかがですか。

 みよし野は 山もかすみて 白雪の

        ふりにし里に 春は来にけり  
藤原良経



  春立ちて まだ九日の 野山かな  芭蕉

店主

平成27年 1月26日(月)

あん
大寒がすぎても寒い毎日、おかわりございませんか。
ドリアン助川作者の、本棚にあった「あん」が映画化されます。
監督:河瀬直美 主演:樹木希林、永瀬正敏
2015年6月公開です。 
樹木希林をイメージに再読するとより深いあじわいがありました。 
劇場で映画を見るのは「ゴースト」以来ですが、
出かけてみようかと。 

昔はよく本を夜中まで読みましたが、最近はBSばかりです。 
ゆっくりと静かに流れる時をもちたいと思う日々です。

店主

平成27年 1月14日(水)

小正月、どんど焼
一月一日を大正月、十五日を小正月というそうです。
十四日の夜、または、十五日の朝に松飾りやしめ飾りを
焚きあげる「どんど焼」。今でも毎年続けています。 
この火で餅を焼いて食べると無病息災と。
餅を焼くほど飾りは多くありませんが、昔親がしていたように
家の角にまいています。 

昼の時間がしだいに伸びて、大地はぬくもりはじめ、
梅や椿が寒さに耐えて咲き始めます。
春はすぐそこまで。春よ来い。

 どんど焼 どんどと雪の 降りにけり   一茶

2日間にわたる成人式も無事にできました。ほっと、ひと安心です。

店主



平成27年 1月11日(日)

成人式、十日戎
今日11日(日)は三木市の成人式です。
早朝5時集合。毎年、年の始めの大きなそして、うれしい一日です。
創業以来、他人まかせにせず、私達スタッフと応援の人々と
より質の高いサービスをめざして一緒に取り組んできました。

新成人の皆様へ
「幸多かれと、そして夢を大切に」といつも願っています。

寒い中、十日戎へお参りしました。
皆様の福もたっぷり二礼二拝。 来週は寒さも少し和らぐとか。

12日(月・祝)は小野市と神戸市の成人式。
いつの日からか、市によって日が変わり2日間忙しくなりました。

店主


平成27年 1月10日(土)

寒の内
寒中お見舞い申し上げます。
小寒(6日)から大寒(20日)、そして立春(2月4日)の前日まで
の約30日間。寒さがもっとも厳しい季節です。 
今年は加えてインフルエンザが猛威をふるっています。
成人式は三木は11日(日)。新成人の皆様がつつがなく式に
参加できますよう、合わせて皆様のご健康を祈っています。

今日、1月10は十日戎。いつも家の近くの神社にお参りします。
福を授かられるといいですね。

 大寒の 大々とした 月夜かな  一茶

 神前に 鮪がごろり 初戎  中村 汀

店主



平成27年 1月2日(金)

去年今年 こぞことし 
晴れて新年。
皆様のご健康とご多幸を
心よりお祈り申し上げます。

今年もスタッフと共に、身近な話題をテーマにお届けいたします。
本年もよろしくお願いいたします。

時代のながれにそいながらも自分のながれを大切に。
そんな一年でありたいと思っています。

 去年今年 流るるままに 従ひぬ  新倉一光

店主




平成27年 1月1日(木)

ご来光
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

元日は寒い朝となりましたが空気が澄んでいて、
見事なご来光が拝めました。
皆様にとって、平穏で良い年でありますように
心よりお祈り申し上げます。

店主・スタッフ一同



最新記事

平成30年 1月
平成29年12月
平成29年11月

平成29年10月
平成29年 9月
平成29年 8月
平成29年 7月
平成29年 6月
平成29年 5月
平成29年 前半

平成28年 後半

平成28年 前半
平成27年 後半
平成27年 前半
平成26年 後半
平成26年 前半

呉服販売・和装小物販売・成人式振袖販売・成人式振袖レンタル・掛軸販売・着物お手入れ・金プラチナダイヤ買取り・着物レンタル・フォトスタジオ

新しい暮らしの専門店 竹中工房「風」 
フリーダイヤル:0120-35-4576
〒673-0433 兵庫県三木市福井3丁目3-15 営業時間:AM9:00~PM6:00 定休日:火曜日
Copyright 2011-2017  きものたけなか. All Rights Reserved